東京スポット > オオシマザクラ

オオシマザクラ一覧

10件中 1〜10件目を表示

隅田公園
隅田公園は、8代将軍・徳川吉宗が、民衆にも花見ができるようにと開放した由緒ある公園として知られ、現在では、地元の人達だけでなく、関東地方全域からお花見の客が訪れる名所となっています。吾妻橋から桜橋までの約1kmに渡って、ソメイヨシノやしだれ桜、里桜そして江戸桜など300本以上の桜が競い合うように咲き、見事な桜のトンネルを形作る様は芸術的と

国立市さくら通り
都内では定番のお花見スポットとして都民に親しまれている「国立市さくら通り」には、約1700mの通りの両側に200本以上の桜が植えら、この通りを通る人たちの目を楽しませています。サクラの開花の季節には、一橋大学から谷保へ向かって続く、国立市さくら通り全体が艶やかな桜のトンネルとなり、その見事さは道行く人達を圧倒します。 一橋大学などが

代々木公園
都内屈指の敷地面積16万3千坪強を誇る「都立 代々木公園」は、桜の開花時期になると、艶やかな中にも落ち着いた風情を見せるサクラを鑑賞するたくさんの人で賑わいます。特に、渋谷門近くにある「桜の園」は、頭上を覆う桜のアーチが見事なことで有名で、毎年桜のシーズンにはたくさんの人が、このサクラのアーチを見るために来園します。サクラの開花時期の代々

光が丘公園
6ヘクタールと言う広大な芝生広場に桜が点在する「都立 光が丘公園」は、桜の開花時期になるとたくさんの人出で賑わいます。この公園は敷地が広く、園内のサクラも散在しているために、気に入ったサクラの下で、ゆっくりとしたお花見を楽しむことができることで人気があります。園内にある芝生が敷き詰められた広場は、広場全体がゆるやかな斜面になっており、そこ

滝山城跡・滝山公園
丘陵斜面を覆う5,000本もの桜が圧倒的な美しさを見せる「滝山城跡(都立滝山公園)」は、多摩川と秋川の合流地点の南側に位置する、雑木林に覆われた加住丘陵に広がっています。この丘陵の中心部にある都立滝山公園は、古くからサクラの名所として周辺の人達に親しまれてきました。都内有数の桜の名所となっている、この滝山公園のサクラの開花時期には、可憐な

千鳥ヶ淵緑道
皇居西側の千鳥ケ淵に沿う全長約700mの遊歩道である「千鳥ヶ淵緑道」は、ソメイヨシノやオオシマザクラなど約260本のサクラが植えられています。サクラの開花時期になると、千鳥ヶ淵緑道に植えられたサクラが一斉に咲き誇り、遊歩道を歩く人の頭上に花ビラを散らします。その光景は、まるでサクラのトンネルの中を歩いているように見えます。千鳥ヶ淵緑道は、

砧公園
説明不要と言われるほど有名な「都立 砧公園」には、約930本のサクラの木が植えられています。新緑を迎えた芝生の緑と、ソメイヨシノや山桜などのサクラのピンク色が織りなす様は、都会の喧騒を忘れさせるほどの見事な風景を作り出して、お花見に来た人たちを楽しませてくれます。園内の芝生の広場には、幹の周囲が3mを超えるソメイヨシノの巨木が屹立しており

井の頭恩賜公園
「息をのむほど美しい!」とお花見に訪れた人達を魅了する、池の水面に映る満開の桜で有名な「井の頭恩賜公園」は、都内ではあまりにも有名なお花見のスポットとして、古くから多くの人に親しまれています。園内にある池の周囲には約600本のサクラが植えられており、池の上に枝を広げていて、池面に映るサクラと池面に浮かぶサクラの花びらは幻想的で艶やかな雰囲

JRA馬事公苑
18ヘクタールと言う広大な緑の敷地で有名な「JRA馬事公苑」は、都内でも有数のお花見の名所として知られ、多くの人達に親しまれています。サクラの開花シーズンには、園内で「桜まつり」や馬とふれ合えるイベントが実施され、来場者の人気を博しています。園内には、ソメイヨシノが約170本、濃い桃色のシダレザクラが約20本、そして八重ザクラが約230本

昭和記念公園
東京ドーム39個分という圧倒的な敷地面積を誇る「昭和記念公園」は、都内でも有数のお花見のスポットとして知られています。園内には、季節を問わず、四季折々の花が一面に咲き広がり、特にサクラの開花シーズンには、古木を含めて約200本が密集する「桜の園」を中心に、約1,500本のサクラが園内の至る所で咲き乱れる様は圧巻です。昭和記念公園の園内のサ