全てのお花見スポット2一覧

56件中 11〜20件目を表示

桜ヶ丘公園
6,216view
「都立桜ヶ丘公園」は、その名が示す通り、園内には山桜やソメイヨシノが300本以上植えられて入り、お花見で訪れる人達に素晴らしい景観を提供しています。特に、園内の旧聖蹟記念館の周辺と、お花見坂周辺では、艶やかで美しい桜の競演が堪能できます。 8万坪を超える広大な多摩丘陵自然公園は、高低差数十mと起伏に富んでいて、桜だけでなく、武蔵野の

尾久の原公園
7,568view
園内の湿地や池の周囲には、葦が生い茂り、野鳥やトンボ、そしてザリガニなどが生息すると言った、自然が残されている「尾久の原公園」では、お花見に季節には園内にある約200本のシダレザクラやソメイヨシノが咲き乱れます。そして現在も、公園周辺を含めて、荒川区全域でシダレザクラの名所づくりが進められています。「尾久の原公園」では、毎年4月上旬にシダ

浮間公園
5,830view
都内でも有数のお花見スポットとして知られる「都立浮間公園」の園内には、釣りが楽しめる浮間ヶ池があり、池の周辺には桜が約200本植えられていて、お花見の時期にはたくさんの人出で賑わいを見せます。園内には、180mに渡る桜並木もあり、そして池に写る桜や、園内になる風車と桜のユニークな風景が楽しめます。 この風車の周辺芝生広場になっている

日比谷公園
8,258view
大都会東京の都心部にありながら、艶やかで趣のある風情のお花見が楽しめることで人気のある「都立 日比谷公園」は、桜の開花時期には、多くの花見客で賑わいを見せます。日比谷公園は、ビジネス街にありながら緑あふれる都会のオアシスとしても有名で、四季折々の草花を楽しめる公園として、シーズンを問わず賑わいを見せています。日比谷公園は、年中無休で24時

小金井公園
8,668view
都内屈指の桜の名所として知られる「都立小金井公園」の園内には、1800本のサクラが咲き乱れ、お花見の定番スポットとして多くの人で賑わいます。面積77ヘクタールの広大な小金井公園内にはヤマザクラ、サトザクラ、ソメイヨシノなど、約50種類、1,800本の桜が植えられていて、中でも2.9haの広さを持つ桜の園では、430本の桜が競うように咲き誇

播磨坂さくら並木
6,036view
約400メートル続く通りを、120本以上のサクラで埋め尽くす桜並木として多くの人に親しまれている「播磨坂さくら並木」は、樹齢40年以上のソメイヨシノが大半を占めています。日通りと千川通りを結んでいるこの桜並木では、淡い黄緑で八重咲きの鬱金(うこん)桜などの希少価値のある桜も見物することが出来ます。この桜並木は、昭和35年に播磨坂の舗装が行

飛鳥山公園
6,274view
江戸時代の昔から、桜の名所として知られている「飛鳥山公園」は、徳川幕府8代将軍である徳川吉宗が、享保の改革の一環として、江戸の庶民の行楽地とするために、サクラを植えたのが始まりと伝えられています。お花見の季節には、園内にある約650本の桜が咲き乱れ、その姿は圧巻の一言に尽きます。総面積が2万1千坪強と言う広大な敷地に植えられた、約650本

東京ミッドタウン
7,969view
「東京ミッドタウン」には、隣接の檜町公園とあわせて約90本の桜が植えられ、都心の隠れたお花見のスポットとして知られています。東京ミッドタウンでは、毎年恒例の桜を堪能するイベントが開催され、多くの花見客でこの界隈は賑わいを見せます。2012年は、「Sakura Sparkle Lounge」が開催され、泡をイメージしたスタイリッシュな空間を

富士森公園
9,720view
緑豊かな公園として知られ、多くの人達に親しまれている「富士森公園」の園内には、約500本の桜があります。富士森公園は、明治29年開園と言う長い歴史を持つ公園として知られ、園内の丘陵地には、江戸時代から「富士森の丘」と呼ばれる丘があり、公園の名前はこれに由来しています。富士森公園は、大正から昭和初期にかけて桜を中心とした植栽が進められ、現在

中野通り
6,314view
東京の山の手に住んでいる人にとって、「中野通り」はお花見の定番スポットとして、そして桜のトンネルとして昔から有名な通りです。中野通りは、中野駅北口から新井薬師の脇を抜け、新青梅街道までの約2キロメートルに、340本以上のソメイヨシノが植えられています。中野通りの途中にある五差路には、「まちかど庭園さくらの辻」があり、開花期の異なる里桜も楽