全てのお花見スポット3一覧

56件中 21〜30件目を表示

国立市さくら通り
6,254view
都内では定番のお花見スポットとして都民に親しまれている「国立市さくら通り」には、約1700mの通りの両側に200本以上の桜が植えら、この通りを通る人たちの目を楽しませています。サクラの開花の季節には、一橋大学から谷保へ向かって続く、国立市さくら通り全体が艶やかな桜のトンネルとなり、その見事さは道行く人達を圧倒します。 一橋大学などが

代々木公園
6,990view
都内屈指の敷地面積16万3千坪強を誇る「都立 代々木公園」は、桜の開花時期になると、艶やかな中にも落ち着いた風情を見せるサクラを鑑賞するたくさんの人で賑わいます。特に、渋谷門近くにある「桜の園」は、頭上を覆う桜のアーチが見事なことで有名で、毎年桜のシーズンにはたくさんの人が、このサクラのアーチを見るために来園します。サクラの開花時期の代々

神代植物公園
3,782view
隠れたお花見スポットとして、知る人ぞ知る「都立神代植物公園」には、ソメイヨシノを始め、フゲンソウ、オオカンザクラ、イチヨウ、シラユキ、シロタヤエベニシダレ、里桜などいろいろな種類のサクラが楽しめるスポットです。そして、都立神代植物公園のシンボル的なサクラとして、神代曙(ジンダイアケボノ)がある事で知られています。園内には、65種類、約20

水元公園
10,405view
お花見のスポットとして周辺の人達に古くから親しまれている「水元公園」は、ソメイヨシノを主体に約1,300本のサクラが植えられています。水元公園内と、公園の外側の約3kmの遊歩道沿いは、サクラの開花シーズンともなると多くの人で賑わいを見せます。遊歩道沿いは、約700本のソメイヨシノを主とした古木が美しく咲き誇り、88ヘクタールと言う広大な面

善福寺川緑地
6,451view
お花見スポットとして、周辺の人達に親しまれている「善福寺川緑地」から続、和田堀公園の遊歩道は、約4キロメートル渡って続いており、700本のサクラが植えられています。この遊歩道は広いために、混みあうこともなく落ち着いた雰囲気の中でお花見が楽しめるスポットとして、玄人には人気のある所です。言わば、お花見の穴場とも言えるお勧めの場所と言えます。

光が丘公園
7,398view
6ヘクタールと言う広大な芝生広場に桜が点在する「都立 光が丘公園」は、桜の開花時期になるとたくさんの人出で賑わいます。この公園は敷地が広く、園内のサクラも散在しているために、気に入ったサクラの下で、ゆっくりとしたお花見を楽しむことができることで人気があります。園内にある芝生が敷き詰められた広場は、広場全体がゆるやかな斜面になっており、そこ

舎人公園
7,874view
レーガン大統領夫人が植樹した「レーガン桜」や千本桜で有名な「舎人公園」は、古くから周辺の人達のお花見のスポットとして親しまれてきました。この公園のソメイヨシノの苗木を、明治45年に日本が米国に寄贈し、ワシントンのポトマック河畔に植栽されて毎年可憐な花を咲かせ、世界的に有名になっています。舎人公園では、サクラの開花時期に合わせて様々なイベン

根川緑道
7,948view
生物、遊び、休息、そして散策の4つのゾーンに分かれた自然の宝庫である「根川緑道」のサクラ並木は、地元の人達に古くから親しまれてきたお花見のスポットです。根川緑道は、多摩都市モノレール線と多摩川が交差する、市の南部に位置する小川に沿って整備された緑豊かな遊歩道として知られています。根川緑道にはサクラ並木があり、春のサクラの開花時期には、一斉

多摩川台公園
4,214view
東京南東部のお花見のスポットとして親しまれている「大田区多摩川台公園」は、多摩川に沿って延びる丘陵地帯に位置しています。園内には、亀甲山古墳や自然林の中の遊歩道、水生植物園、そして、あじさい園などが点在し、周辺の人達に親しまれています。大田区多摩川台公園には、約300本の桜が植えられています。園内にサクラのビュースポットはいくつかあります

大横川
4,619view
深川地区の人達のお花見スポットとして親しまれている「大横川」は、川の両岸に数百メートルに渡ってサクラ並木が続き、お花見のシーズンには、川岸のあちらこちらでお花見を楽しむ人たちの姿が多く見られます。サクラの開花シーズンには、お花見に関連したさまざまなイベントが行われます。大横川の両岸に咲き乱れるサクラの提燈によるライトアップは、下町らしい艶