墨田区の観光スポット一覧

5件中 1〜5件目を表示

隅田川七福神めぐり
4,070view
開催期間 : 2014年01月01日 ~ 2014年01月07日【終了】
今年2014年隅田川七福神めぐりは、元日より7日までのご開帳と、御朱印・縁起物頒布は7日までになります。文化元年(1804年)に佐原鞠塢により向島に百花園が開かれ、鞠塢には多くの文人仲間があり、鞠塢の所有する福禄寿を使って七福神ができないかという話がでました。多聞寺の毘沙門天、長命寺の弁財天、弘福寺の布袋尊、三囲神社の恵比寿・大国神までは

三囲神社
4,336view
「三囲神社」は、墨田区向島に位置し、3本柱の鳥居で有名です。この神社は、三越の前身である越後屋の時代から三井家の信仰を受けて現在に至っています。また、茶人にもこの3本柱の鳥居を模した蓋置を好んで使う人もいます。そして「三囲神社」内にある三角石鳥居の前に立つ碑には、「三井邸より移す。原形は京都太秦木嶋(このしま)神社にある」と記されています

弘福寺
2,833view
関東大震災後の区画整理の中、昭和8年に第33代義角を中心に檀家の協力を得て、山門、鐘楼、客殿、庫裏などとともに建てられ、一見すると本山である京都宇治の黄檗山万福寺の大雄宝殿にも似ています。隅田川七福神めぐりの布袋尊があり、中国に実在した禅僧・契此が、死後に神として人々から信仰されるようになったと言われています。境内の小祠には風外和尚が修業

長命寺
5,041view
「長命寺と言えば桜餅、桜餅と言えば長命寺」と噂されるほどに有名な長命寺は、東京都墨田区向島にある天台宗の寺院で、正式な名称を「宝樹山遍照院・長命寺」と称しています。開創年代は不明ですが、古くは宝寿山常泉寺と号していたと伝えられています。江戸時代、徳川3代将軍家光が鷹狩りの途中、急病の為に立ち寄り快癒した寺と伝えられています。それ以後、巷で

平成中村座跡地
7,983view
平成中村座跡地。2000年までは、仲見世を抜け浅草寺の脇を通り過ぎ左折した所に平成中村座の小屋がありました。現在は取り壊され、駐車場のような広い空き地になっています。その場所に佇むと、浅草寺病院が間近かに見られ、右奥には花やしきを眺めることが出来ます。平成中村座は、18代・中村勘三郎と演出家など多方面の有志が中心となり、主催は松竹株式会社