東京スポット > スポット

東京のスポット3一覧

316件中 21〜30件目を表示

多聞寺
3,461view
墨田区には約80ヶ所の寺院があり、震災と戦災のなどの被害で、昔の面影を遺す寺院が少なくなり、多聞寺の山門は同寺に残存する 唯一の江戸時代の建築物であり、現在では区内最古の建造物と言われています。山門は、慶安2年(1649年)に建てられましたが、享保2年(1717年)に焼失してしまい、現在の山門はその後に再建さものになります。隅田川七福神

上野東照宮
16,403view
「上野東照宮」は1627年、藤堂家の屋敷地であった上野に造営されました。ここには、江戸幕府の開祖である徳川家康、八代将軍徳川吉宗、そして十五代の徳川慶喜が奉られています。上野東照宮は、徳川家康が当時としては驚くほど長寿だったことから、健康長寿に霊験あらたかと信じられ、年末年始には新年の健康と長寿を祈念する参拝者で賑わいます。また、上野東照

明治神宮
2,981view
開催期間 : 2014年01月01日 ~ 2014年01月04日【終了】
明治天皇と昭憲皇太后のご神霊をお祀りする為に創建されました。初詣者数は三が日で300万人以上を超え、例年34年間連続日本1位の初詣人気スポット。混雑時では、3〜4時間待ちになる事もあります。 ご利益:皇室弥栄・世界平和・家内安全・社運隆昌・縁結び・厄除け・交通安全・合格成就 例年の参拝者数:約3,130,000人

深大寺
2,758view
開催期間 : 2014年01月01日 ~ 2014年01月07日【終了】
正月三が日の深大寺では約20万人の初詣参拝者で境内外は溢れ終日賑やかで、特に元三大師堂では1月1日午前0時、除夜の鐘とともに迎える新年最初に深大寺全僧侶により天下泰平、国家安穏、仏法興隆を祈願する修正会大護摩供が行なわれます。 修正会とは文字通り正月に修される法会で、深大寺では厄除元三大師さまの御威力、御利益に預かって厄除、家内安全、商

目黒不動尊 瀧泉寺
9,139view
毎月28日に行われる「お不動さまの縁日」には、境内に露天商が立ち並び、多くの人達で賑わうことで有名な「目黒不動尊・瀧泉寺」は、泰叡山目黒不動瀧泉寺と称しています。龍泉寺は、大同3年(808)に慈覚大師が開創したとの伝承があり、関東最古の不動霊場として、「熊本の木原不動尊」、「成田山新勝寺の成田不動尊」と併せ、日本三大不動の一つに上げられま

武蔵御嶽神社
5,760view
東京都下青梅市の武蔵御岳山の山上に鎮座する「武蔵御嶽神社」は、中世以降、山岳信仰の霊場として発展して現在に至っています。そして、神社本庁に所属していない数少ない「単立神社」として独自の存在感を示しています。由緒書きによると、この神社は崇神天皇7年(紀元前91年)の創建とされ、天平8年(736年)に行基が蔵王権現を勧請したと伝承されています

東京大神宮
7,730view
開催期間 : 2013年01月01日 ~ 2013年01月03日【終了】
「東京のお伊勢さま」と称され親しまれている神社である「東京大神宮」は、東京五社の一つで、特に恋愛成就の霊験あらたかとして最近評判のパワースポットです。この神社では、成人の日から1月31日までに参拝した新成人の女性に、記念品として「手鏡付き巾着」が授与されるサービスでも評判を呼んでいます。この神社は、明治13年に東京における伊勢神宮の遥拝殿

矢先稲荷神社
6,038view
福禄寿をお祀りして、地元の人達に親しまれている「矢先稲荷神社」は、寛永19年に江戸幕府3代将軍である徳川家光公が、国家安泰と市民の安全祈願、並びに武道練成のために三十三間堂を建立したことを起源とします。「矢先稲荷神社」の名前は、この堂の守護神として稲荷大明神を勧請し、その場所がちょうど的の先に当たっていたことに由来します。 三十三間堂では

靖国神社
6,284view
靖国神社は、明治天皇の発起により明治2年(1869年)に開創された「東京招魂社」に起源を遡り、明治12年(1879年)に「靖国神社」と改称され現在に至っています。靖国神社は、国家のために命を捧げた人達の霊を慰め、その事績を末永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。現在この神社には、幕末以降、明治維新、戊辰の役、西南の役、日清戦争、

品川神社
5,917view
鎌倉幕府の初代将軍として有名な源頼朝が、安房国州崎明神を勧請し、文治3年に創建された「品川神社」は、現在は東京10社の1社に指定されています。東京都指定の無形民俗文化財である「品川神社太太神楽(だいだいかぐら)」で有名です。「品川神社」は、海上交通安全と祈願成就の守護神として、近辺の人達からの信仰を集めて現在に至っています。また、境内末社