東京スポット > スポット

東京のスポット4一覧

316件中 31〜40件目を表示

日枝神社
6,174view
日枝神社(ひえじんじゃ)は、東京十社の1つであり、江戸三大祭の一つである「山王祭」が行われる神社として広く知られています。創建年代は不詳ですが、伝承によると、太田道灌が江戸城築城にあたり、川越の無量寿寺の鎮守である川越日枝神社を勧請したのに起源を求めることが出来ると言われています。日枝神社では、元旦には境内で「厳選干支絵馬100点余」が展

鳥越神社
5,959view
「鳥越神社」は、旧く白雉2年(651年)の創建と伝えられ、日本武尊の東国平定の威徳を偲んで地元の人達が「白鳥明神」として祀ったことが起源であると伝承されています。その後、前九年の役平定のため、この地を訪れた源頼義・義家父子が、鳥が大川(隅田川)を越えるのを見て、浅瀬を発見して川を無事に渡ったことで、「鳥越大明神」と名づけたと伝えられていま

湯島天神
5,675view
通称「湯島天神」、正式名称を湯島天満宮と言うこの神社は、学問の神様として受験生に絶大な人気を誇る神社として、広く全国にその名を知られています。湯島天満宮は、正平10年(1355年)に地元の郷民が、菅原道真公の偉徳を慕って創建したと伝えられています。江戸時代に入ってからは、富くじが当たることでも評判を呼ぶようになり、上野感應寺(現天王寺)、

富岡八幡宮
9,701view
「深川の八幡様」と親しまれている「富岡八幡宮」の元旦は、最寄駅の門前仲町駅から八幡宮までに多くの出店が並び、たくさんの人出で賑わいを見せます。富岡八幡宮は寛永4年(1627年)に創建され、江戸時代から庶民の信仰を集める「江戸最大の八幡様」として現在に至っています。「富岡八幡宮」では、毎月1日と15日そして28日の月次祭は、縁日として近郊か

豊川稲荷東京別院
7,043view
「豊川稲荷東京別院」は、日本三大稲荷の一つである、愛知県にある「本山・豊川稲荷」の直轄別院として、明治20年に開設されました。このお稲荷さんは、江戸時代、大岡越前守が生涯の守護神として信仰していた尊像を、赤坂一ツ木の大岡邸から現在地に移転して開創したと言われています。このお稲荷さんは、商売繁盛の神であり招来福徳に霊験あらたかな「ダ枳尼真天

鷲神社
7,271view
「おとりさま」として広く人々に親しまれている「鷲神社」は、江戸の昔から「1年の無事に感謝し、来る年の幸を願う」催しとして、毎年11月に行われる「酉の市」で有名な神社です。この神社は、長国寺と鷲神社が隣り合わせになっていて、寺と神社の両方に願掛けが出来ることから、神様と仏様の両方から御利益を授けてもらえると信じられ、多くの参拝客が訪れます。

大國魂神社
9,022view
開催期間 : 2014年01月01日 ~ 2014年01月04日【終了】
年末年始の「大國魂神社」では、年越しの祓いとも言われ、身に触れた罪や穢を禊によって祓い清め、新しい年を迎える為の「大祓式」の祭事から始まります。この祭事は、大晦日の12月31日17:00から開始されます。同時に境内では、晦日市(みそかいち)が12月31日の10:00頃から18:00頃まで開かれます。この市は江戸初期に始まったと伝えられ、以

成田山深川不動堂
7,849view
開催期間 : 2014年01月01日 ~ 2014年01月03日【終了】
「成田山深川不動堂」は、「成田さん」で全国的に有名な、真言宗・智山派・成田山・新勝寺の東京別院で、正式名称を「成田山・東京別院・深川不動堂」と言い、通称「深川不動尊」または「深川不動堂」と呼ばれ広く親しまれています。江戸時代、経済、商業の中心地となった江戸を支える町人の経済力の増大を背景に、元禄年間以降不動尊信仰が庶民の間に急激に広まりま

代々木八幡宮
12,252view
初詣の参拝客日本一を誇る明治神宮が近くにあるために、「代々木八幡宮」は都内でも初詣の穴場として存在しています。代々木八幡宮は、応神天皇(八幡さま)を祀り、破邪顕正の神として、「厄除開運」、「家内安全」に霊験あらたかな神社として親しまれています。そのため、初詣には今年1年の無事を祈願する参拝者が多く訪れ境内は賑わいを見せます。創建は建暦2年

水天宮
8,417view
江戸時代から、安産・子授けの神としてたくさんの人達から厚い信仰を受けている「水天宮」は、現在でも妊婦や子供を授かりたい夫婦など、安産や子授かりの願掛けやお礼参りなどで人並みが途絶えることがありません。水天宮は、文政元年(1818年)に、久留米にある水天宮の分霊を、久留米藩主である有馬公が藩邸内に勧請して創建されたのを起源とすると伝えられて