東京スポット > イチョウ

イチョウ一覧

13件中 1〜10件目を表示

浜離宮恩賜庭園 紅葉
東京には海抜0mから標高2000m近い山の紅葉まで、多種多様の紅葉が長い期間楽しめますが、海抜0mの紅葉を楽しむには、この浜離宮恩賜庭園に尽きます。浜離宮恩賜庭園の紅葉は、11月下旬が見ごろになります。この公園内には、都内で唯一海水を引き入れた潮入の池があり、庭園は回遊式築山泉水庭園として有名です。その湖畔では、イロハモミジやハゼノキ、イ

芝公園 紅葉
例年11月下旬に紅葉の見頃を迎える「芝公園」は、東京タワー近くに位置しています。園内には、モミジ、イチョウ、ケヤキ、ニシキギ、ドウダンツツジなどが植えられ、多彩な紅葉を楽しむ都心のスポットとして多くの日田たちを魅了しています。園内で特にお奨めなスポットとして、昭和59年に再生された人工の渓谷「もみじ谷」が必見です。もみじ谷一帯には、名前の

石神井公園 紅葉
例年11月下旬から12月上旬ごろにかけて、紅葉の見頃を迎える「石神井公園」は、西武池袋線「石神井公園(南口)」から徒歩13分の所にあります。園内には350本を数えるイロハモミジの他、ラクウショウ、ケヤキ、イチョウなどが植えられています。紅葉の時期になると、イロハモミジや三宝寺池の畔のラクウショウが赤褐色に染まり、見事な風情を醸し出します。

小金井公園 紅葉
ゴルフ愛好者なら1度はプレイしたいコースと言われる小金井CCの隣に、「小金井公園(小金井市)」はあります。その広大な敷地内にはイチョウやイロハモミジ、ブナ、ナラなど様々な植物が繁っており、赤や黄色の紅葉を楽しませてくれます。小金井公園の敷地は広大で、日本でも有数の広さを誇り、季節を問わず多くの人達で賑わっています。特に、イチョウの黄色の落

砧公園 紅葉
東京23区内でも有数の規模を誇る「砧公園」は世田谷区にあります。園内には約1000本のケヤキや、イチョウ、そしてイロハモミジなどが植えられており、繊細で鮮やかな秋の風情を楽しむことが出来ます。例年、11月下旬から12月上旬にかけて紅葉の見ごろとなります。「砧公園」は、都内とは思えないほどの広大な芝生があり、家族連れやカップルに人気がありま

靖國神社 紅葉
例年11月の中旬以降身に紅葉の見ごろを迎える靖國神社は、都内でも有数の紅葉の名所として有名です。千代田区と言う都心にありながら、イチョウの紅葉(黄葉)を鑑賞する事が出来ます。靖国神社の第1鳥居と第2鳥居の間に参道には約200本の銀杏並木が続いています。靖国神社の銀杏は背が高いことでも知られています。天を突くような圧倒的な紅葉が見られるスポ

林試の森公園 紅葉
東京都品川区小山台の住宅地の中に、林試の森公園(品川区)があります。アクセスは、東急目黒線か地下鉄三田線、又は地下鉄南北線の「武蔵小山駅」下車徒歩10分です。古くは、林業試験場だった事からケヤキやプラタナス、クスの木などの巨木や、珍しい樹木も数多く見られます。正に都会の中の植物園と言った雰囲気を醸し出しています。この公園で紅葉を楽しむには

陵南公園 紅葉
ケヤキ・イチョウ・モミジなどが植えられ、八王子近辺に人達の紅葉スポットになっている「陵南公園」はJR高尾駅から徒歩約18分の所にあります。この公園は多磨御陵近くにあり、すぐ側を淺川が流れています。下車駅である高尾駅前からは、全長約4km、合計800本を超える銀杏(イチョウ)並木があり、紅葉の時期には、いちょう祭りが開催される事で知られてい

鳩ノ巣渓谷
東京の奥座敷と言われる奥多摩でも、知る人ぞ知る紅葉の名所として「鳩の巣渓谷」は知られています。鳩の巣渓谷は巨岩・奇岩が連なり、そこにモミジやカエデ、そしてイチョウが多彩な彩りを添え、紅葉狩り(もみじがり)に訪れた人達を楽しませてくれます。鳩の巣渓谷の紅葉は、例年11月上旬~11月下旬が見ごろです。また、鳩の巣渓谷に隣接する白丸ダムがあり、

日比谷公園 紅葉
日本初の都市計画による洋風公園として、明治36年に開園された日比谷公園は、都心でも有数の紅葉の名所とした多くの人達に親しまれています。特に開園当時にデザインされた、S字形の散策路にあるイチョウ並木は、現在でもその見事な紅葉(黄葉)を演出してくれています。園内には、モミジやイチョウの木が植えられ、例年、11月下旬から12月中旬にかけて、深紅

1 / 212