東京スポット > カワヅザクラ

カワヅザクラ一覧

5件中 1〜5件目を表示

播磨坂さくら並木
約400メートル続く通りを、120本以上のサクラで埋め尽くす桜並木として多くの人に親しまれている「播磨坂さくら並木」は、樹齢40年以上のソメイヨシノが大半を占めています。日通りと千川通りを結んでいるこの桜並木では、淡い黄緑で八重咲きの鬱金(うこん)桜などの希少価値のある桜も見物することが出来ます。この桜並木は、昭和35年に播磨坂の舗装が行

代々木公園
都内屈指の敷地面積16万3千坪強を誇る「都立 代々木公園」は、桜の開花時期になると、艶やかな中にも落ち着いた風情を見せるサクラを鑑賞するたくさんの人で賑わいます。特に、渋谷門近くにある「桜の園」は、頭上を覆う桜のアーチが見事なことで有名で、毎年桜のシーズンにはたくさんの人が、このサクラのアーチを見るために来園します。サクラの開花時期の代々

赤坂サカス
「サクラを咲かす」の意味も持たせて命名された「赤坂サカス」には、約100本のさまざまな種類のサクラが植えられています。赤坂サカスのサクラは、3月上旬に開花する河津桜に始まり、寒緋桜、山桜と咲き始めて、5月上旬までの期間、11種類の桜を楽しむことが出来る都会のオアシスとして多くの人に親しまれています。赤坂サカスの敷地の中心には、日本の三大桜

多摩森林科学園
全国各地から集められたサクラが、約1,700種類、約1500本植えられていることで知られる「多摩森林科学園」は、約8ヘクタールと言う広大な敷地を誇っています。ここでは、江戸時代から伝わる栽培品種や、国の天然記念物に指定されたサクラのクローンなどが栽培されています。ここでの桜の開花時期は、例年2月下旬から5月上旬にかけて順次見頃となるので、

JRA馬事公苑
18ヘクタールと言う広大な緑の敷地で有名な「JRA馬事公苑」は、都内でも有数のお花見の名所として知られ、多くの人達に親しまれています。サクラの開花シーズンには、園内で「桜まつり」や馬とふれ合えるイベントが実施され、来場者の人気を博しています。園内には、ソメイヨシノが約170本、濃い桃色のシダレザクラが約20本、そして八重ザクラが約230本