東京スポット > ケヤキ

ケヤキ一覧

8件中 1〜8件目を表示

芝公園 紅葉
例年11月下旬に紅葉の見頃を迎える「芝公園」は、東京タワー近くに位置しています。園内には、モミジ、イチョウ、ケヤキ、ニシキギ、ドウダンツツジなどが植えられ、多彩な紅葉を楽しむ都心のスポットとして多くの日田たちを魅了しています。園内で特にお奨めなスポットとして、昭和59年に再生された人工の渓谷「もみじ谷」が必見です。もみじ谷一帯には、名前の

石神井公園 紅葉
例年11月下旬から12月上旬ごろにかけて、紅葉の見頃を迎える「石神井公園」は、西武池袋線「石神井公園(南口)」から徒歩13分の所にあります。園内には350本を数えるイロハモミジの他、ラクウショウ、ケヤキ、イチョウなどが植えられています。紅葉の時期になると、イロハモミジや三宝寺池の畔のラクウショウが赤褐色に染まり、見事な風情を醸し出します。

井の頭恩賜公園 紅葉
井の頭恩賜公園(武蔵野市)には、多くの種類の樹木がありますが、紅葉の時期にはカエデ、イチョウ、ケヤキなどが華麗な紅葉を楽しませてくれます。この公園は、JRと井の頭線の吉祥寺駅から徒歩5分ほどの所にあるので、身近に紅葉を楽しもうと言う人達に人気のスポットです。例年の見頃は11月中旬~12月中旬にかけてなので、Ⅰケ月ほどの期間楽しめます。特に

府中の森公園 紅葉
府中の森公園(府中市)は府中市民だけでなく、近郊の人達にも紅葉の名所として知られています。公園内には、コナラ,クヌギ,モミジ,サクラ,ケヤキ、そしてドウダンツツジなど多彩な樹木が植えられ、紅葉の季節になるとそれらが赤や黄色と言った色の競演を始めます。特にお奨めなのは、公園内にある日本庭園の池に映えるモミジの赤と、ケヤキの黄色のコントラスト

桜ヶ丘公園 紅葉
例年11月中旬に紅葉の見頃を迎える「桜ヶ丘公園」は、東京都下の多摩市連光寺にあり、園内にはイロハモミジ,ケヤキ,メタセコイア、そしてクヌギやコナラなどが植えられていますので、色とりどりの紅葉を楽しむことが出来ます。この公園は、雑木林の丘をそのままに残した公園として有名で、公園内の一番高い場所にある「丘の上広場」の周辺にはたくさんのモミ

陵南公園 紅葉
ケヤキ・イチョウ・モミジなどが植えられ、八王子近辺に人達の紅葉スポットになっている「陵南公園」はJR高尾駅から徒歩約18分の所にあります。この公園は多磨御陵近くにあり、すぐ側を淺川が流れています。下車駅である高尾駅前からは、全長約4km、合計800本を超える銀杏(イチョウ)並木があり、紅葉の時期には、いちょう祭りが開催される事で知られてい

日比谷公園 紅葉
日本初の都市計画による洋風公園として、明治36年に開園された日比谷公園は、都心でも有数の紅葉の名所とした多くの人達に親しまれています。特に開園当時にデザインされた、S字形の散策路にあるイチョウ並木は、現在でもその見事な紅葉(黄葉)を演出してくれています。園内には、モミジやイチョウの木が植えられ、例年、11月下旬から12月中旬にかけて、深紅

小石川後楽園 紅葉
小石川後楽園は、江戸時代初期の寛永6年に御三家の1つである水戸藩主「徳川家頼房」が、江戸の中屋敷の庭園として造成し、2代藩主「徳川光圀」の代に完成した「回遊式築山泉水庭園」として有名です。園内はモミジを中心に作庭されていますので、真紅の見事な紅葉を鑑賞することが出来ます。小石川後楽園には、紅葉のスポットとして、特にお奨め奈場所が3ケ所あり