東京スポット > ソメイヨシノ

ソメイヨシノ一覧

53件中 1〜10件目を表示

小峰公園
里山の風景を残す緑豊かな公園として知られる「都立小峰公園」は、都下のお花見スポットとして知られています。小峰公園は秋川丘陵自然公園の中央に位置し、園内には5つのゾーンに分けられ、一年を通して四季折々の草花を楽しむことができるために、休日には家族ずれなどたくさんの人で賑わっています。毎年、桜のシーズンには、「桜の尾根フィールド」でソメイヨシ

新宿御苑
もと高遠藩内藤家の下屋敷跡地に造られた「新宿御苑」は、知らない人がいないほど有名なサクラの名所として広く知られています。面積17万6千坪強と言う広大な国民公園である新宿御苑には、カンザクラ、しだれ桜、ソメイヨシノ、山桜など約65種、約1,300本のサクラが植えられています。これらのサクラは、順々に咲くために、1ヶ月以上お花見を楽しめるスポ

北区中央公園
北区にある「中央公園」の桜は、約220本の桜が園内の狭い範囲に密集しているために、短時間で、そして本数以上に見事な桜を楽むことができることで知られています。この公園は、災害時には区民の避難場所としての機能を持っています。 園内にある木々に囲まれた芝生広場では、お花見を兼ねてお弁当を広げる人や、日なたぼっこをする人などで、お花見の季節

靖國神社
「靖國の桜」は、明治2年以来、靖國神社のシンボルとして親しまれ、東京の春の訪れを告げる、桜の開花予想の標本木となっていることで知られています。例年、靖國神社の境内で、3月下旬~4月上旬頃に開催される「さくらまつり」の期間中は、境内に数百のぼんぼりが灯され、夜桜が鮮やかに浮かび上がり幻想的な雰囲気を醸し出します。そして、この期間中は、大相撲

野川
武蔵野の面影を色濃く残す調布に、静かな流れを見せる野川があります。その野川の両岸を彩る、全長約650mの桜並木は、地元の人達のお花見の定番のスポットとして高い人気を誇っています。そして、野川の桜が満開になると、まるで桜のトンネルのように川に覆いかぶさり、見事な姿を花見客に見せてくれます。ここでは、桜の開花時期に合わせて、撮影用照明機材を使

目黒川桜並木
都心に近く、おしゃれで落ち着いた街と評判の目黒区に目黒川があります。都内の名所のひとつに数えられている目黒川沿いの桜並木は約3.8kmに及び、桜の開花時期には約800本の桜が咲き誇ります。お花見の時期には、桜並木にボンボリが点灯され、幻想的な雰囲気の夜桜が花見客をうっとりとさせます。そして、お花見の時期に合わせて、数々なイベントが開催され

六本木ヒルズ
ソメイヨシノ8本としだれ桜2本で構成されている、六本木ヒルズ内の「毛利庭園」は、大東京の真ん中にありながら、日本庭園との調和を保っており、都心の中で紅葉の風情を味わえる場所として多くの人が訪れます。この桜は、六本木ヒルズのオープン以前からここに咲き誇っていた由緒ある桜として知られています。また、六本木さくら坂には、約400m渡り70本以上

多摩川沿い桜並木
福生市にある多摩川沿いの桜並木は、とにかく圧巻の一語に尽きます。それは、お花見に時期になると、近くの横田基地の米兵たちが家族ずれでお花見をしていることからも判ります。かれらは、一様に「すごい!綺麗だ!(もちろん英語で言っています)」と感嘆しています。お花見の期間中は、お囃子やいろいろなパレードなどが開催され、多くの人で賑わいを見せます。こ

隅田公園
隅田公園は、8代将軍・徳川吉宗が、民衆にも花見ができるようにと開放した由緒ある公園として知られ、現在では、地元の人達だけでなく、関東地方全域からお花見の客が訪れる名所となっています。吾妻橋から桜橋までの約1kmに渡って、ソメイヨシノやしだれ桜、里桜そして江戸桜など300本以上の桜が競い合うように咲き、見事な桜のトンネルを形作る様は芸術的と

六義園
六義園は、江戸の二大庭園と称される歴史ある庭園で、シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラなど約40本の桜が咲き誇ります。特に、六義園のシンボル的な存在であるシダレザクラは、高さ約15m、幅約20mと言う堂々たる風格を持ち、薄紅色の花が流れ落ちる滝のように見えることで広く知られており、例年たくさんの花見客で賑わいます。六義園は、