東京スポット > バードサンクチュアリ

バードサンクチュアリ一覧

5件中 1〜5件目を表示

舎人公園
舎人公園は足利区に位置する、豊富な緑色の景色と、水、それにスポーツの場としての機能を有する日本でも、屈指の調和性をほこる公園のうちの一つです。日暮里舎人ライナーの沿線付近に作られており、東京都内にありながらも、最も緑豊かな公園のうちのひとつであります。敷地面積はさらに拡大する予定で、都民の憩いの場としてさらに有効に機能することが求められま

水元公園
水元公園は葛飾区に位置する自然豊かな公園。都立公園のなかでも、23区都内の公園の中でも最大級の水域面積をほこる公園で、開園日も古く、1965年の開園となっております。この水郷公園はJR千代田線からアクセスできる公園であります。ポプラ並木やメタセコイアの森などかなりの量の自然環境がつめこまれている公園で、 バードサンクチュアリ・キャンプ場も

浮間公園
その昔、荒川は浮間地区で大きく南に蛇行して、昭和3年頃に荒川を直線化した際に、蛇行部分が浮間ヶ池として残りました。昭和42年、浮間ヶ池を含めた周辺は都立浮間公園となり、昭和60年、浮間舟渡駅が開業されてから、浮間公園はアクセスの良い公園になりました。 釣りの出来る浮間ヶ池だけでなく、水遊びの出来るじゃぶじゃぶ池もあります。スポーツ施設も

東村山中央公園
東村山中央公園は、昭和63年、東村山市中心部の西武多摩湖線沿いのアクセスの良い場所に開園されました。周囲は武蔵野の自然の強いイメージがあります。その緑の保全と再生をコンセプトに整備されたものです。公園にはその中心となる樹林地区が、東と西にあります。この樹林を囲むように、バードサンクチュアリ、流れ、ゲートボール場、マイマイ池などがあります。

国営昭和記念公園
国営昭和記念公園(立川市)は、JR西立川駅から徒歩で約2分の便利な場所にあります。この公園は、大東亜戦争の終戦前は日本軍の飛行場として使われていました。戦後、整備され昭和記念公園として生まれ変わりました。立川口かは入場した所に、この公園のシンボルとも言えるカナールがあり、両側に100本強の銀杏(イチョウ)が4列に植えられています。全長20