東京スポット > ヤマザクラ

ヤマザクラ一覧

20件中 1〜10件目を表示

小峰公園
里山の風景を残す緑豊かな公園として知られる「都立小峰公園」は、都下のお花見スポットとして知られています。小峰公園は秋川丘陵自然公園の中央に位置し、園内には5つのゾーンに分けられ、一年を通して四季折々の草花を楽しむことができるために、休日には家族ずれなどたくさんの人で賑わっています。毎年、桜のシーズンには、「桜の尾根フィールド」でソメイヨシ

六義園
六義園は、江戸の二大庭園と称される歴史ある庭園で、シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラなど約40本の桜が咲き誇ります。特に、六義園のシンボル的な存在であるシダレザクラは、高さ約15m、幅約20mと言う堂々たる風格を持ち、薄紅色の花が流れ落ちる滝のように見えることで広く知られており、例年たくさんの花見客で賑わいます。六義園は、

桜ヶ丘公園
「都立桜ヶ丘公園」は、その名が示す通り、園内には山桜やソメイヨシノが300本以上植えられて入り、お花見で訪れる人達に素晴らしい景観を提供しています。特に、園内の旧聖蹟記念館の周辺と、お花見坂周辺では、艶やかで美しい桜の競演が堪能できます。 8万坪を超える広大な多摩丘陵自然公園は、高低差数十mと起伏に富んでいて、桜だけでなく、武蔵野の

浮間公園
都内でも有数のお花見スポットとして知られる「都立浮間公園」の園内には、釣りが楽しめる浮間ヶ池があり、池の周辺には桜が約200本植えられていて、お花見の時期にはたくさんの人出で賑わいを見せます。園内には、180mに渡る桜並木もあり、そして池に写る桜や、園内になる風車と桜のユニークな風景が楽しめます。 この風車の周辺芝生広場になっている

小金井公園
都内屈指の桜の名所として知られる「都立小金井公園」の園内には、1800本のサクラが咲き乱れ、お花見の定番スポットとして多くの人で賑わいます。面積77ヘクタールの広大な小金井公園内にはヤマザクラ、サトザクラ、ソメイヨシノなど、約50種類、1,800本の桜が植えられていて、中でも2.9haの広さを持つ桜の園では、430本の桜が競うように咲き誇

飛鳥山公園
江戸時代の昔から、桜の名所として知られている「飛鳥山公園」は、徳川幕府8代将軍である徳川吉宗が、享保の改革の一環として、江戸の庶民の行楽地とするために、サクラを植えたのが始まりと伝えられています。お花見の季節には、園内にある約650本の桜が咲き乱れ、その姿は圧巻の一言に尽きます。総面積が2万1千坪強と言う広大な敷地に植えられた、約650本

国立市さくら通り
都内では定番のお花見スポットとして都民に親しまれている「国立市さくら通り」には、約1700mの通りの両側に200本以上の桜が植えら、この通りを通る人たちの目を楽しませています。サクラの開花の季節には、一橋大学から谷保へ向かって続く、国立市さくら通り全体が艶やかな桜のトンネルとなり、その見事さは道行く人達を圧倒します。 一橋大学などが

代々木公園
都内屈指の敷地面積16万3千坪強を誇る「都立 代々木公園」は、桜の開花時期になると、艶やかな中にも落ち着いた風情を見せるサクラを鑑賞するたくさんの人で賑わいます。特に、渋谷門近くにある「桜の園」は、頭上を覆う桜のアーチが見事なことで有名で、毎年桜のシーズンにはたくさんの人が、このサクラのアーチを見るために来園します。サクラの開花時期の代々

水元公園
お花見のスポットとして周辺の人達に古くから親しまれている「水元公園」は、ソメイヨシノを主体に約1,300本のサクラが植えられています。水元公園内と、公園の外側の約3kmの遊歩道沿いは、サクラの開花シーズンともなると多くの人で賑わいを見せます。遊歩道沿いは、約700本のソメイヨシノを主とした古木が美しく咲き誇り、88ヘクタールと言う広大な面

光が丘公園
6ヘクタールと言う広大な芝生広場に桜が点在する「都立 光が丘公園」は、桜の開花時期になるとたくさんの人出で賑わいます。この公園は敷地が広く、園内のサクラも散在しているために、気に入ったサクラの下で、ゆっくりとしたお花見を楽しむことができることで人気があります。園内にある芝生が敷き詰められた広場は、広場全体がゆるやかな斜面になっており、そこ

1 / 212