東京スポット > 駐車場

駐車場一覧

11件中 1〜10件目を表示

目黒天空庭園
巨大なドーナツを思わせるループ状の庭園は、ローマの「コロッセオ」をほうふつとさせる形状で話題を集め、約7千平方メートルの敷地に約24メートルの高低差があり、勾配のある空間を生かして約1千本の木々が植えられ、全国初のジャンクション上庭園として注目を集めている。庭園のコンセプトは「和風の回遊庭園」で、五葉松や信楽焼のタイルなど、和テイストの装

舎人公園
舎人公園は足利区に位置する、豊富な緑色の景色と、水、それにスポーツの場としての機能を有する日本でも、屈指の調和性をほこる公園のうちの一つです。日暮里舎人ライナーの沿線付近に作られており、東京都内にありながらも、最も緑豊かな公園のうちのひとつであります。敷地面積はさらに拡大する予定で、都民の憩いの場としてさらに有効に機能することが求められま

水元公園
水元公園は葛飾区に位置する自然豊かな公園。都立公園のなかでも、23区都内の公園の中でも最大級の水域面積をほこる公園で、開園日も古く、1965年の開園となっております。この水郷公園はJR千代田線からアクセスできる公園であります。ポプラ並木やメタセコイアの森などかなりの量の自然環境がつめこまれている公園で、 バードサンクチュアリ・キャンプ場も

中川公園
中川公園は、下水処理場という特異な施設の屋上に位置する公園。足立区中川に位置するこの公園はA地区とB地区とに大別できる公園で、かなりの種別の広場から構成されます。この広場は、A地区の自由広場・ちびっこ広場・B地区のふれあい広場・運動広場・多目的広場となっております。緑が多く、自然環境的な観点から言ってもとても優れた公園ですが、公園には珍し

若洲公園
江東区にある若洲公園は、東京ウオーターフロントに立地し、その広大な敷地内では、東京都内だということを忘れさせる雄大な自然を楽しむことができ、宿泊キャンプ(日帰りも可能)や、バーベキュー、レンタルサイクルや、サイクリングロードなども充実しております。また、豊富な遊具がある多目的広場や、海釣り施設なども併設しており、ここに来れば飽きることなく

鷲神社
「おとりさま」と呼ばれ、地元の人達に親しまれている鷲神社は、地下鉄日比谷線入谷駅北口3番出口から徒歩約7分の所にあります。「なでおかめ」でも有名な鷲神社は、古くから商売繁盛の神様とも言われ、今もたくさんの参拝者で賑わっています。浅草の国際通りから神社に入ると、神楽殿の向かい側には正岡子規の句碑や樋口一葉の文学碑などが立ち並び、どこかアカデ

浮間公園
その昔、荒川は浮間地区で大きく南に蛇行して、昭和3年頃に荒川を直線化した際に、蛇行部分が浮間ヶ池として残りました。昭和42年、浮間ヶ池を含めた周辺は都立浮間公園となり、昭和60年、浮間舟渡駅が開業されてから、浮間公園はアクセスの良い公園になりました。 釣りの出来る浮間ヶ池だけでなく、水遊びの出来るじゃぶじゃぶ池もあります。スポーツ施設も

池波正太郎記念文庫
池波正太郎の遺稿や資料を集めた「池波正太郎記念文庫」は、平成13年9月26日に多くの人達の尽力により、台東区生涯学習センター1階・台東区立中央図書館内にあります。館内には池波正太郎の作品に関する様々な資料が収蔵されており、生前に彼が使用していた書斎の復元や、彼の著作1000冊、自筆の原稿約13,000枚、自筆の絵画約400点などの一部が展

国営昭和記念公園
国営昭和記念公園(立川市)は、JR西立川駅から徒歩で約2分の便利な場所にあります。この公園は、大東亜戦争の終戦前は日本軍の飛行場として使われていました。戦後、整備され昭和記念公園として生まれ変わりました。立川口かは入場した所に、この公園のシンボルとも言えるカナールがあり、両側に100本強の銀杏(イチョウ)が4列に植えられています。全長20

東綾瀬公園
「東綾瀬公園」は、都立の公園で、東京武道館が併設されていることで知られています。全長約2kmの園内には緑豊富な日本庭園が整備されていて、サクラ、ラクウショウ、モミジバフウ、ツツジなど季節感を味わえる樹々が植えられており、来年社の目を楽しませてくれます。また、野球場やゲートボール場、そしてプールなどの施設が完備していて、休日にはたくさんの人

1 / 212